車は安全が一番

頭部へのダメージを軽減するインテリア。
万一の接触時に乗員の頭部へのダメージを軽減するために、ピラーやルーフサイドの内側に衝撃吸収材を内蔵した「頭部衝撃軽減構造インテリア」を採用しています。
もしものとき、すばやく カラダを拘束する高性能シートベルト。
運転席のシートベルトは、万一の衝突時に、ベルトを瞬時に引き込むプリテンショナー機構を、肩側だけでなく腰側にも装備(助手席は肩側のみ)。2方向から体をしっかりと拘束します。さらに前席には、拘束の直後にベルトを2段階でゆるめて胸部への衝撃を緩和する可変フォースリミッター機構も装備。万一の際の安全性を高めています。

お子様を安心して乗せられるよう、ISOFIX※対応チャイルドシート固定用アンカーに加え、チャイルドシート上端を固定するためのテザーアンカーを標準装備しました(リヤ左右2名分)。

ボンネットやフロントワイパー周辺、ルーフ前端部などに衝撃吸収構造を採用。万一の歩行者と接触時に、頭部だけでなく脚部へのダメージ軽減を図ります。

急ブレーキ時にドライバーをサポートする「EBD付4輪ABS+ブレーキアシスト」。
滑りやすい路面での急ブレーキ時には、4輪ABSが作動。タイヤのロックを防ぎ、車体を安定させて、ハンドル操作で障害物を回避できるようにサポートします。さらに、ブレーキ踏力を補助するブレーキアシストや最適な制動力を前後に自動配分するEBD(電子制御制動力配分システム)を装備。さらなる安全性に貢献しています。

「ディスチャージヘッドランプ&オートライトシステム」で夜間も安心・便利。(Xターボ、X、Gターボ・Gのセットオプション装着車)
長寿命・省電力で、ハロゲンヘッドランプの約2倍の明るさと広い照射範囲を実現したディスチャージヘッドランプ。また、オートライトシステムも設定しています。さらにLEDポジションランプもあわせて採用しました。

ISG(モーター機能付発電機)とS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーを採用し、 発進後?加速時にモーターでエンジンをアシストする「S-エネチャージ」。(X、G CVT車)
減速時のエネルギーを利用してISG(モーター機能付発電機)で発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーとS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーに充電。燃料を多く必要とする加速時にモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現しています。また、アイドリングストップ後は、ISGのスターターモーター機能により、ベルトを介してエンジンを再始動するので、ギヤの噛み込み音がなく、静かでスムーズな再始動を可能にしています。

ISG(モーター機能付発電機)
発電効率を高め、減速エネルギーを利用して効率よく発電。モーター機能を併せ持ち、エンジン再始動や加速時のモーターアシストを可能にします。

S-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリー
S-エネチャージ車専用設計で、モーターアシストに必要な大電流に対応。頻繁なアシストを可能にします。プリウス 新型

運転も気持ちいい

徹底した騒音・振動対策の追求によって、高水準な静粛性を実現。
NV※(騒音・振動)対策においては、ノイズの原因となる振動の室内への伝達を効果的に抑制するボディ構造としたうえで、遮音機能付フロントガラス、一体成形型の吸音フロアカーペットなどを採用。クラスを超える静粛性を徹底追求し、高いレベルの静粛性を獲得しています。

中空構造のレゾネーター(消音装置)を、ホイールを取り巻くように装着した「ノイズリデューシングアルミホイール」を採用。高速道路のつなぎ目を越える際や、粗い路面や高速道路の段差乗越え時などにタイヤ内部で発生する不快な共鳴音を、共鳴吸収効果によって抑制します。

クルマの本質を知り尽くした方に満足いただくために。ジェイドは、あらゆるシーンで実感することができる上質な走りと乗り心地を追求。そのためにまず、基本となるボディ剛性を徹底して磨き上げた上で、前後サスペンションやステアリングを緻密にチューニング。超高密度低床プラットフォームの低重心、さらに高剛性ボディとあいまって、質の高い走りを生み出します。

めざしたのは、クラスを超える静粛性。そのために、風切音やロードノイズなどの外部はもちろん、エンジン音などの内部からの振源・音源のレベル低減を徹底追求。音の侵入しにくいボディ構造の構築をはじめ、吸音材・遮音材を適所に配するなど、全方位にわたってNV※(騒音・振動)対策を徹底。日常からロングドライブまで、すべての乗員に音ストレスを感じさせない、上質な移動時間を追求しました。

旋回時に狙ったラインをトレースしやすく、少ないステアリング操作でスムーズな車両挙動を実現する電子制御システムが、アジャイルハンドリングアシストです。ドライバーがステアリングを切り始めた時、車速や操舵量などから車両の動きを予測。車両の挙動にあわせてブレーキを自動制御し、カーブなどで操縦性を高めます。

トルクフルでリニアな性能をより深く堪能するために、パドルシフトを装備しました。ステアリングのパドル操作で、マニュアル車感覚の走りが楽しめます。

見晴らしのよい視界で、狭い道も安心。
運転席においては、フロントピラーの工法やドアライニングの処理に工夫を施すことで、見晴らしのよい前方視界を確保。さらに、ドアパネルのガラスエリアを低くしたデザインを活かし、側面や後方の死角を少なくすることで、ボディサイズを感じさせない取り回しのよさをもたらします。新型フリード

悩みがある時は映画を観ます

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札はおもしろいですね。口コミを調べました。そして、グレース・ケリーが悩み葛藤するシーンでは目元が強調して撮られている。個人的にはグレース・ケリーの一番の魅力は瞳にある。情熱を秘めている瞳。
口コミを調べました。この映画スタッフも、そう思っていると確信できる印象的な撮り方だ。そしてニコール・キッドマンの目元がグレース・ケリーそっくりで驚いた。
口コミを調べました。そういえば、ニコール・キッドマンがグレース・ケリーを演じるということに違和感があったものだが、映画を観た後ではそんなこと全く関係なくなっていた。
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札はおもしろいですね。口コミを調べました。この映画はグレース・ケリーではなく、一人のグレースという女性を描いたものだった。それにしても、いち観客としてもっている女優へのイメージについて考えさせられる映画だった。
口コミを調べました。窮屈(と感じていた)結婚生活、宮殿生活で腐っていたグレースが、モナコの危機に直面したことで本当の意味で大公妃でなれた。作品では、大公を支えるよき妻としてのグレースがもちろんメインなのですが、実際に見ると主演のニコールがしっかり立つように抑え目の演技をするティム・ロスがステキなのでした。
口コミを調べました。本作の前に『クイーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』を観ていたので、成金妻ジャッキーと大公妃グレースを比べてしまいました。比べてもしょうがないのだけど(笑)。
闇の帝王DON ~ベルリン強奪作戦~はおもしろいですね。口コミを調べました。「キング・オブ・ボリウッド」ことシャー・ルク・カーン主演のクライムアクション第二弾。一匹狼の犯罪者が敵の悪党と組んでユーロ紙幣原版の強奪作戦を決行する。いつ裏切るか分からない仲間とインターポールとの三つ巴の攻防が見所。
口コミを調べました。インド映画にしては脚本がしっかりしており、面白い出来。踊りが少ないので物語がほとんど停滞しない。そ
闇の帝王DON ~ベルリン強奪作戦~はおもしろいですね。口コミを調べました。それでも長尺すぎるが。シリーズ2作目だが、前作を観ていなくても問題なしの作り方もよし。シャー・ルクは悪の匂いがあるこういう作品の方がはまり役。
口コミを調べました。インド本国でのタイトルは「DON2」
と言うわけで前作を観ていないと訳がわからない場面があるので前作の観賞必須。
闇の帝王DON ~ベルリン強奪作戦~はおもしろいですね。口コミを調べました。前作とは変わり、ドンというキャラクターに魅力を持たせようと頑張っていた。しかしながらドンは前作で極悪非道のキャラクターとして描かれていたため、違和感があった。
口コミを調べました。特にあのヒロインとの関係性には首をかしげること間違いなし。お前ドンに兄さん殺されてるんだよな!?
闇の帝王DON ~ベルリン強奪作戦~はおもしろいですね。口コミを調べました。前作よりもアクションやら何やら色々スケールアップしていて好感が持てた。
口コミを調べました。インド映画は数えるくらいしか観ていないが、シャールクカーンが出ると謎の安心感が出るあたり、ハマりかけてるんんだろうと思う。あの人のアクションシーンが結構好き。映画 アメリカンスナイパー 動画